ニコレットとニコテックスの成分の違い

「ニコレット」と「ニコテックス」は、禁煙したい人のためのガムです。
禁煙ガムと呼ばれ、知られています。
「ニコレット」とは、武田薬品から発売されているものです。
一方の「ニコテックス」はジェネリック医薬品です。
両者の主成分は、ニコチンです。
タバコ吸うことによりニコチンを摂取するのではなく、ニコレットやニコテックスを噛むことで体内に取り入れます。
これらはニコチンの離脱症状を少なくし、生活習慣の改善へと導いてくれます。
ニコチンの摂取量を減らしていき、最終的に禁煙を目指します。
ニコレットとニコテックスの成分の違いは、ありません。
基本的に医師の指示に従っての服用になります。
使用禁忌薬があり、処方なしの使用は避けます。
ニコレットとニコテックスの使用方法は、タバコを吸いたくなった時に1個噛みます。
しばらくすると、ニコチンが放出されるのでしばらくそのままにしておきます。
味が無くなったら、再び噛み始めます。
「20回程度噛む・口中に置く」作業を繰り返します。
最大で、1時間ほど繰り返します。
使用量は、1日24個までとなっています。
ニコレットとニコテックスの使用が徐々に減り、完全に使用しなくなったら禁煙に成功したことになります。