事業所内での禁煙のリスクとニコテックスの使用方法

事業所の中を全面禁煙にしているケースは多く在ります。
事業所の中で働く人は喫煙者も居れば、煙草を吸わない人も居ます。
煙草を吸わない人が居る中で喫煙をする事で受動喫煙のリスクが高くなります。

受動喫煙と言うのは肺がんどの健康被害を受けるリスクがあるもので、喫煙者が吐き出した煙を吸う事で煙草を吸わない人も喫煙者と同じリスクを受けるというもので、社会問題にもなっているのです。
そのため、事業所内では禁煙を実施し、喫煙者は定められた喫煙所の中で煙草を楽しむと言ったケースが殆どと言われているのです。

しかし、事業所の中で仕事をしている時、自分の席では煙草を吸えませんので、煙草を吸いたくなった時はその都度喫煙所まで行かなければなりません。
頻繁に煙草を吸いに行けば業務にも支障をきたす事になるわけです。

ニコテックスは煙草が吸いたくなった時に1つ物のガムを口に入れてからゆっくりと噛み始めると、ニコテックスに含まれているニコチン成分が体内に入るので、煙草を吸っている時と同じような満足感を得られると言った特徴を持ちます。

2mgと4mgの2つの種類が用意されており、最初は4mgのニコチン量のニコテックスを利用して煙草を吸わないようにし、ある程度慣れた段階で2mgのニコチン量のタイプを利用する事で最終的には禁煙が出来ると言われているのです。

尚、ニコテックスはニコレットと呼ばれている禁煙補助薬のジェネリック医薬品です。
ニコレットはテレビコマーシャルなどでも有名な禁煙補助薬なのですが、特許が切れた事でインドの製薬会社が権利を購入して製造販売をおこなっているもので、作用や効果が同じで、ニコレットよりも安く購入できるなどの理由からも注目されています。